ついにたばこに「さよなら」を告げる日がくる!

たばこの本数を減らしてみた。思い切って残ったたばこを捨てて今から禁煙をやってみた。結局止められずに挫折を繰り返したあなたにはもう一頑張りして「チャンピックス」で成功をさせましょう。

*

飲むだけの簡単な禁煙薬チャンピックスの効果

たばこにはニコチンが含まれていて、中毒性があることから自力で禁煙を達成することは難しいと言われています。そのために日本においても医療機関で喫煙について治療ができるように、禁煙外来が設置されているところが増えています。

従来までは、ガムやパッチのような禁煙補助剤が使用されてきました。禁煙することでニコチンが摂取されなくなると、中毒が発生してしまうために、その症状を和らげるためにガムなどから摂取しながら禁煙を行う方法が主流であったと言えます。

ただし、ニコチン置換療法はニコチンの量を減らしていることとなりますが、摂取していることには変わりがないことから、禁煙を達成できる確率は10%ほどであったと言われています。

チャンピックスにはニコチン含まない

現在では、海外の医薬品メーカーであるファイザー社が開発した禁煙補助剤として、チャンピックスという医薬品を用いる治療法を行うことが多くなってきています。経口タイプの禁煙薬ということで、飲むだけで治療ができる医薬品となります。

今まで用いられてきた禁煙補助剤との一番の違いは、ニコチンを含まない治療薬という点があり、チャンピックスに含まれている成分が脳内の受容体と結合する性質であることから、微量のドーパミンを放出させる作用があります。そのために成分を体内に取り入れることによって、たばこを吸ったときと同じように満足感を得られることから、禁煙したときの苦しみである離脱症状を軽減できる効果があります。
チャンピックスを通販で購入するにはこちらが便利です。

チャンピックスの服用方法

禁煙薬の成分が先に受容体と結合してしまうために、たばこを吸った場合であっても美味しくないと感じるようになります。

服用方法としては、最初の3日間は0.5mg錠を1日1回のペースで食後に服用を行います。飲む時間帯としては、いつでも構わないものとなっています。禁煙治療を開始してから4日目から1週間目までは0.5mg錠を、朝と夕方の2回服用します。

この1週間目まではたばこを吸いながら、チャンピックスの服用を行っても問題ありません。服用を開始して8日目から禁煙を始めることになり、1mg錠を朝と夕方の1日2回服用して、これを12週間にわたって継続する必要があります。

チャンピックスの副作用

服用を継続することによって、一定の割合で副作用が発症する可能性もありますが、多くの場合には軽度なものであると考えられています。主な副作用の症状としては頭痛と吐き気が起きることが多く、服用する際に水分の補給量を増やすことによって発症する確率を下げることができます。

服用することで体調に異変を感じたときには、服用を止めることで体調が改善される可能性が高いです。

公開日:
最終更新日:2016/08/08