ついにたばこに「さよなら」を告げる日がくる!

たばこの本数を減らしてみた。思い切って残ったたばこを捨てて今から禁煙をやってみた。結局止められずに挫折を繰り返したあなたにはもう一頑張りして「チャンピックス」で成功をさせましょう。

*

禁煙することで嬉しいメリット

      2016/07/11

喫煙することは、体に悪いというのはもはや常識ですが、喫煙習慣のある人が禁煙をすることは容易ではありません。
しかし、禁煙することで嬉しいメリットがある、ということを具体的に知ることができれば、喫煙しなくなる可能性はあります。

1.禁煙で肺の改善

嬉しいメリットを挙げていくならば、最初に注目するべきは、たばこによって一番ダメージが与えられる肺です。

たばこの煙を吸い込むと、肺の細胞が破壊されて、呼吸機能が落ちてしまいます。長年、喫煙習慣を持っていると、その状態がやがては慢性閉塞性肺疾患(COPD)となり、酸素ボンベなしに生活することができなくなるのです。

もし、たばこの煙がなくなれば、すでにダメージを受けた肺の細胞は元に戻ることはありませんが、これまで溜まっていたニコチンやタールは、肝臓を通って体の外に排出されていきます。それにより呼吸機能が改善するのです。

ただし、1日や2日程度止めたからといって、すぐに肺が綺麗になるわけではありません。
綺麗になるためには、喫煙していた期間のおよそ2倍の期間が必要とされていますから10年、20年と吸っているならば、20年、40年という月日が必要です。気の長い取り組みになりますが、そのまま喫煙をしていき、体を壊してしまうことを考えれば、努力をする価値はあります。

2.禁煙で体調の改善

直ぐに効果が現れる部分としては、体調の回復があります。

喫煙時には一酸化炭素が血液に取り込まれます。一酸化炭素は、酸素の運搬を阻害したり、血管を収縮させる働きがあるものです。そのような状態では、体を動かすことが苦しくなります。

ですが、禁煙をすれば数十分後には、血中の一酸化炭素の量が正常な値に戻っていきます。酸素の供給、血流の改善が行われれば、体は健康な人と同じように動かすことができ、元気に過ごせるのです。

また、一酸化炭素の害がなくなれば、それまであった肌荒れも改善されて、健康的な肌を取り戻すことができます。

3.金銭面でも改善

体的なことではなく金銭面のことを言うならば、たばこは健康に悪いということもあって、増税の対象となってきました。そのため、どんどんと値上がりをしていき、一箱が500円近くの値が付いている銘柄がほとんどとなってきました。

喫煙者は、喫煙が生活習慣となっているため、たばこが切れたら買う、ということを繰り返していきます。一箱が数百円だったとしても毎日のことになれば、月毎、年毎にかかった費用はかなりの金額になるわけです。それが禁煙をすることで、たばこ代の負担が一切なくなります。

それだけではありません。喫煙で病気になった時の治療費を考えれば、さらに節約になるのです。