ついにたばこに「さよなら」を告げる日がくる!

たばこの本数を減らしてみた。思い切って残ったたばこを捨てて今から禁煙をやってみた。結局止められずに挫折を繰り返したあなたにはもう一頑張りして「チャンピックス」で成功をさせましょう。

*

エステや化粧品では止められない…喫煙すると老けるリスク

      2016/07/11

「たばこは体に良くない」というのはもはや誰もが知っている常識ですが、では具体的には体にどのような悪影響があるのでしょうか。

これまでも動脈硬化やがんなどいくつかの病気を紹介してきましたが、病気とまではいきませんが美容の面でも肌の老化という大きなリスクがあるのはご存知ですか?

喫煙で見た目は確実に老ける

喫煙による肌の老化には、活性酸素という物質が大きく関係しています。

もともと活性酸素は体内に侵入した細菌やウイルスを撃退するために白血球から出されるもので、殺菌・消毒の役割を持ち、人体にとって必要な物質です。ただ、それが過剰に増加すると体に悪影響となってしまいます。たばこの煙を吸い込むと、それを有害だと判断した白血球がそれを除去しようとするため体内には大量の活性酸素が発生します。

その活性酸素は、細胞内の不飽和脂肪酸と結びついて過酸化脂質という物質に変わります。

これは簡単に言えば「サビ」です。全身の細胞が酸化してどんどんサビていくのです。それが体内の細胞に起これば、前述のようにガンの原因となることがあります。そして肌細胞に起こった場合は、「スモーカーズフェイス」という言葉で表されることもあるように、肌のハリを保つエラスチンという物質が分解されるためシワやたるみがでてきたり、また血流が悪くなって濃いクマがなかなか消えなくなったり、といった肌の老化症状として現れるのです。

化粧品やエステなどより喫煙

どんなに有名なエステに通ったり高級な化粧品で表面からのケアを行ったりしていても、喫煙によって全身に過剰な活性酸素がどんどん供給される状況にあっては、肌が老けるという現象は止められないのです。

また、美肌のためにビタミン類のサプリメントを摂っている人も多いでしょう。

しかし、たばこにはビタミンCを破壊するという作用もあります。体内のビタミンCが破壊されるため色素沈着を起こしやすくなり、シミが増えたり目立つようになったりします。サプリメントを摂らないよりはマシかもしれませんが、喫煙しながらビタミンCを一生懸命摂取しても、期待した効果が得られるとは言えないでしょう。

エステや化粧品も同様に、たばこによる肌へのダメージを止められるものではないのです。

美しさを失いたくなければ喫煙は敵

「体や肌がどんどんサビていく」などと聞くと、とても恐ろしいことのように思えますよね。

しかしそれは実際に毎日体の内部で起こっていることなのです。たばこの害が肌の老化となって現れているというのはショックですよね。ましてやお金をかけてエステや高級な化粧品でメンテナンスをしても、お金をかけてたばこで老化に向かうのは意味がありません。喫煙をしている女性にとっては、ぜひ知っておきたい重要な事実だったのではないでしょうか。